運営メンバーの苦悩

みなさんこんにちは!コーポレートブランディング部、広報担当のさいまりです!

懇親会や勉強会、全社会議などで、フード&ドリンクを注文する機会って何かと多いですよね。
そんな時運営メンバーが頭を抱えるのが、どのサイトどの店舗を選び、どれ何人前注文したらどんなボリュームになるの?いくらになるの?それは高いの安いの?相場は??ということ。

そう、本当に何もわからない……!!

 

▲もっとちゃんと見ておけばよかった……!

ケータリング付きの懇親会に招かれて行くことはあっても、いざ自分が発注しようと思うと、どこから手を付けていいかわからない!!

このカテゴリでは、そんな管理部門のみなさんの疑問を基礎の基礎から解決していきます。

ケータリングとオードブルの違いって?

突然ですが、みなさんは「ケータリング」「オードブル」の違いって何かご存知ですか?
(私は芸能人が呼んでいるのがケータリングで、おしゃれなおつまみのことをオードブルというんだと思っていました)

 

◆ケータリング
調理済みのお料理、または調理食材をイベント会場に持ち込んで、その場で調理をしたり配膳までしてくれるサービスのこと。

職人さんがお寿司を握ってくれたり、料理の仕上げをしてくれるサービスもあります。

◆オードブル
調理されたパーティー用のお料理を、イベント会場まで配送してくれるサービスのこと。

つまり、ケータリングには「配膳のサービス料」が含まれていますが、オードブルはお料理と配送のみの価格になります。

・見た目の美しさやライブ感、格式を重視する場合→ケータリング

・お料理のボリュームや、装飾など別の部分にコストをかけたい場合→オードブル

と、イベントやパーティの規模感にあわせて使い分けたいですね!

ケータリング・オードブルの相場は?

はじめてのケータリング(もしくはオードブル)の発注で、予算の確保から必要な場合、企画書のおおよその予算を入れたいですよね。

 

CB部調べでは、

・ケータリング  1500円/人~

・オードブル  500円/人~

でした。

やはりケータリングのほうが少し予算が必要になりそうです。

また、ケータリングは人数単位、オードブルは皿単位での注文になることが多いのでこちらも注意が必要です。

ケータリング・オードブルはどのくらい注文するの?

やみくもにインターネットで検索をする前に、以下の点を確認しましょう。

  • ・おおよその人数
  • ・おおよその予算
  • ・イベント開催の目的
  • ・メインユーザーのニーズ
  • ・前回開催時の反省点

相場感がわかったところで、おおよその人数から割り出したおおよその予算を確認しましょう。

ここで注意したいのが、「参加者全員が満腹になる分」用意する必要はないということです。

 

立食形式である以上、イベント開催の最大の目的は「コミュニケーション促進」です。せっかくたくさんのフードを用意しても、残ってしまうこともあります。開催を重ねる中で調整していきたいですが、はじめての注文の場合、

参加人数の7~8割

での発注をおすすめします。

どこで注文したらいいの?

さて、いよいよお店選びです。

注文方法ですが、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

・ケータリング(オードブル)注文サイトを利用する

わかりやすく言うと、某『出前館』さんがこれに当たります。扱うお店のジャンルによって使い分けたいところですが、数多存在しますのでサイトの種類についてはまた別の記事でご紹介したいと思います。

メリットとしては、

・法人登録が一度で済む(決済情報の入力回数はできるだけ減らしたいものです)

・異なる店舗から、複数の料理を注文できる

が挙げられます。

・お店へ直接注文する

慣れてきたら挑戦したいですね。予算に余裕がある場合は、オリジナル(会社ロゴが入ったものなど)ピンチョスを注文すると来場者にもインパクトを与えられます。

また、ネット注文とは異なり、予算感や注文締切など、融通を聞かせてくれる場合もあります。

まとめ

今回はケータリング・オードブル発注の基礎についてお話しました。

次回以降、実際にオルトプラスで発注した店舗やフードなど紹介していきますのでお楽しみに!

 

それでは~!

WRITER
さいまり
さいまり
ビールが好きな広報担当です。会社にビール部を作ることをもくろんでいます。