こんにちは。オルトプラスCB部(コーポレートブランディング部)のやなぎです。このブログをご覧いただいている中に新卒採用担当の方はいらっしゃるでしょうか。2019卒の新卒採用ピークを迎えつつ、ぼんやり2020卒のことも考える、そんな時期ですね。

オルトプラスでは昨年から総合職採用を行なっています(2018卒以前は専門職採用でした)が、その中で色々なツールや媒体を利用してみて、実際のところどうだったか?を採用現場目線でご紹介したいと思います!今年初めて利用することを決めた、「GoodFind」についてです。

GoodFindとは?

GoodFindはスローガン社が運営する新卒向けの媒体です。大手のリクナビやマイナビと比較すると、比較的ベンチャー思考の学生に強みを持った媒体です。掲載記事は自社で作成するのではなく、スローガンのライターの方が来社しインタビュー、第三者目線で記事を作成してもらえるのが特徴です。

導入の背景

オルトプラスでは2017年新卒まではゲーム事業の専門職採用を行なっていました。2018年新卒から会社の方針で総合職採用に方向転換をし、ゲーム事業だけではなく海外事業も合わせて総合職採用を進めることになったのです。

ただしここで問題が!大手媒体をオープンしてみたところ、海外事業の希望者からの応募が全くきません。もともと「ゲーム会社」というイメージが強いため、リーチしたい層の学生にまったく認知がされていなかったのです。

海外事業は社内ベンチャー。ベンチャー思考を持った学生へのリーチが急務でした。そこでGoodFind掲載をすることで効率よくターゲットの学生への認知度をアップする目的で掲載することにしました。

GoodFindの特徴3つ

第三者目線による”厳選企業紹介”記事がわかりやすい

GoodFind内の記事は、自社紹介ではなくGoodFindのライター目線による紹介記事を作成してもらえます。客観的な目線でヒアリングしてもらえるため、自分たちでは気づかなかった事業の良さや訴求ポイントを引き出してもらえることが最大のメリットかと思います。

成長意欲の高い学生が集まっている

GoodFindでは、企業紹介だけでなく、独自にロジカルシンキングやグループディスカッションなどのスキルアップセミナーやキャリア・業界研究セミナーを全国で年間1000回以上開催しています。

また、ブランド志向というよりはチャレンジ志向の学生が集まっているため、ベンチャー企業の社風にマッチしやすい学生が集まっています。

実際にGoodFind経由でお会いした学生は、長期インターンの経験や海外留学、NPO活動など学業+αの活動をしている学生がほとんどでした。

採用広報の効果が期待できる

学生は今やインターネットを駆使して色々なところから情報を収集しています。例えばOfferBox経由で来てくれた学生の子でベンチャー志向の子はGoodFindの記事も読んだ上でオファーを承諾してくれていることも少なくありません。

Paid Mediaに一番期待するポイントである”認知させる”力はベンチャー志向の学生という点においてはGoodFindが一番ではないでしょうか。

気になるROIは?

19卒の新卒採用はまだまだ続いておりますが、昨年11月からの掲載で現在85名の学生からエントリーをいただきました。

他媒体と比較すると掲載コストが年間で約200万円と初期投資が少々高いですが、そこから例えば4名採用できれば平均獲得単価50万円でペイできる+採用広報効果もあるので試してみる価値は十分あると思います。

まとめ

実際に掲載してみて、今までとは違う層に確実にリーチできているなぁと面談をしながら実感しております。

実際新卒採用が終わったときに結果がどうだったかはまたあらためてブログに書きますね!ではでは〜

 

WRITER
やなぎ
やなぎ
こんにちは。オルトプラスのコーポレートブランディング部でマネージャーをしています。他社の採用広報のお手伝いもしています。 CBsyncというバックオフィス向けのセミナーイベントを主催しています。プライベートではDJ活動をしています。 Twitterやってます。お気軽にフォローしてください。 https://twitter.com/hello_naotsun