会社説明会より濃密!?カジュアル面談のススメ!

CB ニュース

こんばんは!スナックたかこです(^^)
たかこもCB部に移動してから5ヶ月目になりました!採用担当としての業務の幅も広がってきています★
最近では、新卒者の方の「カジュアル面談」を担当するようになりました!

実は「カジュアル面談」は弊社の採用では欠かせない機会なのです!
今回はそんな「カジュアル面談」についてお伝えしていきたいと思います!

カジュアル面談とは?

カジュアル面談とは、
オルトプラスに興味を持っていただけた方を対象に、
選考に影響なく、オルトプラスのことを知れる機会になっています。
もっと知りたい方は、こちらもどーぞ↓

いきなり面接!はもう古い?カジュアル面談のススメと実施のコツ3つ!
今回はオルトプラスでどんなカジュアル面談をしているのか?またそのコツをお伝えします!

なぜ行うのか?

ズバリ、面談を行う目的は選考に進んでもらうことです。
そのために、オルトプラスのありのままを話すようにしています(どしどしご質問してくださいって感じですw)

このご時世、インターネットで検索さえすればあらゆる情報をゲットできますが、
実は直接話を聞かないと内情って分からなかったりしますよね。
さらに言うと、会社は個人の集合体で、
その雰囲気は人が作っていると思うので、

社内のメンバーと話せる機会=企業を知ること

になると考えています。
オフィスを見ることは、実はその中で働いている人たちのことを知る機会になりますよね。

なので、オルトプラスでは
面談を候補者さんとのファーストコンタクトとして考えていて、
最終的には「オルトプラスってこんな感じ」と言う理解を深めてもらい、
マッチする方が選考に来ていただけるような面談を心がけています!

30分で面談をする理由とは?

新卒者の採用面談は、
敢えて時間を30分に区切っています、それには2つ理由があります。

1つ目は、時間を30分に区切ることで、緊張感を持って話をすることができること。
2つ目は、面談後のメールや電話といった、候補者側からのコミュニケーションに繋がることです!
相手がもっと聞きたい!と思うところで面談を終了させるというところで終わらせることで
必然的に相手から連絡がくるように仕掛けておきます。
これは営業ならではの考え方かな〜?と思います!
(コミュニケーションや接触回数についてのブログはこちら)

時間を区切ることは、目的に繋がっていないように思えますが、
候補者とのコミュニケーションが増えて行くことで、
実は面談のゴール地点である「選考に進んでもらうこと」に繋がっているのです。

まとめ

一口に面談と言っても、会社によって定義・目的は様々だと思います。
その定義・目的を明確化することで、
会社にとっても候補者さんにとっても良い機会になるので、
採用を面談をこれから取り入れる時は明確なゴール設定が必須なのです(改めて大切さを気づく今日この頃)

次回も、オルトプラスの採用に関する記事を書きたいと思います〜!
それでは( ^∀^)


ーおすすめ関連記事ー
いきなり面接!はもう古い?カジュアル面談のススメと実施のコツ3つ!

コーポレートブランディング部における採用チームのビジョン/ミッションとKPI

タイトルとURLをコピーしました