交流会の効果測定

「なんか盛り上がったね」撲滅のために

こんにちは!コーポレートブランディング部、広報担当のさいまりです!

これまでたくさんのイベント運営について紹介してきましたが、その中でも繰り返し

仮説→実践→検証

の重要性について力説してきました。

せっかく交流を促すために交流会を開催しても、ただ「今回楽しかったね~」「なんかよくわかんないけど盛り上がったね~」で終わってしまっては次に繋がりません。

課題解決の意図を持って仮説を立て、それを検証する必要があります。

何が何でも「アンケート」を取ろう

でも、「盛り上がり具合」「親睦深まった度合い」「満足指数」なんて可視化でき・・・

ます!

 

それを可能にするのが「アンケート」です!!たかがアンケート、されどアンケート。

人を対象にした施策は、ご意見なしにその成功可否を判断できません。アンケートの取り方にもコツがありますので、今回はこちらを掘り下げたいと思います。

選択肢型アンケートは目安箱にあらず

理想の回答から逆算した設問づくり

ズバリ。選択肢型アンケート作成時は「欲しい答えしか欲しくない!」ことを意識しましょう。

ものすごいことを言いますが、効果測定時のアンケートに公平性などいりません。

アンケートは選挙じゃないんです。

何にためにアンケートをやるのかを考えて、欲しい答えが得られる設問づくりを徹底的に意識しましょう。

選択肢型アンケートの目的は、あくまで効果測定です。

ご意見は求めていません。(ご意見は記入欄でもらうのです!)

せっかくメンバーが時間をかけて回答してくれても、

①自分が狙った効果が②出ている人③どのくらいいたか

がわからねば無意味になってしまいます。

例えば・・・

交流会後のアンケートで欲しい、狙っている効果=理想の答えは、

「仕事の話ができた」

「初めて話せた人がいた」

などです。

それ以外の項目は、作る必要があんまりないんです。

極端な例ですが、「恋バナができた」「いつメンと楽しく話せた」などの項目は正直必要ありません。

なぜなら、その回答をもらったところで、それは狙った効果ではないからです。
そういうのは雑談ベースで聞きましょう。

とはいえご意見を聞きたい

改善ポイントや希望を聞いてみよう

選択肢型アンケートの目的が「効果測定」とすれば、記入型アンケートの目的は「ご意見回収」です。

運営メンバーでは思いもよらなかった気づきがあったりしますので、必ず選択肢式+記入式はアンケートに取り入れましょう。

注意点

ご自由にどうぞ!だと、よっぽど強い思い入れのあるメンバー以外は「楽しかった」「美味しかった」などになりがちです( ˘ω˘)

「改善点」「やってみたいこと」など、少しでも具体的に設問を作ってあげるのもポイントです。

アンケート回答率を上げるコツ

コツ①イベント後、速やかに実施

「先々週やったイベントのアンケート回答お願いしまーす!」などといったところで、やさしい5、6人しか回答してくれません。

遅くとも翌日の昼までに出しましょう。体感だと、翌日の夕方はもう遅いです。
皆の気持ちが切り替わる前に実施しましょう!

コツ②必須項目を増やしすぎない

ページ数がわからないほど、設問の多いアンケートって開いてもそっ閉じですよね。

必須回答は選択式2~3問のみ!記入式は自由回答にしましょう。
自由回答を必須にすることのハードルって、思いの外高いのです。

コツ③短期の〆切設定&猛プッシュ

アンケート回答期間を1週間に設定したところで、後回しにされてしまうものです。「みんな忙しいから…」と長めに期限を切ると回答率は下がってしまいます

期限は当日中に設定し、朝(まだ業務に半分は入れていない時間)・昼(ご飯の時間)・夕(定時前)、加えて翌日昼にもう一度プッシュしてみましょう。

都度、暫定回答者数を公開してみるのもオススメです!

コツ④回答率100%!裏技は・・・

人数が2,30人の交流会においてオススメのアンケート回収方法があります。

それは、「手書きプリントによる回収」です。

社内アンケートはGoogleフォームでの作成が主流かと思いますが、直接アンケートを手渡すことで、回答率は激増します。(飲み会の誘いも、一斉送信より個別連絡には返信しますよね)

また、コツ①実施日からできるだけ日をおかず、コツ③短期(交流会終了まで)の〆切設定が達成されるのでオススメです。

実際に日頃50%前後だった回答率が100%を達成しました!(びっくりした)

まとめ

交流会運営は、ゴールを「実施」に持ってきてしまいがちですが、目的は生産性のUP、ロイヤリティのUPです。アンケートを上手に活用して、より満足度の高い交流会を目指しましょう!

 

WRITER
さいまり
さいまり
ビールが好きな広報担当です。会社にビール部を作ることをもくろんでいます。