たまった名刺をスキャンするだけ!Sansanで名刺管理

総務

こんにちは。
コーポレートブランディング部 総務担当のおかだです。

みんさんは名刺の管理どうやっていますか?部署での共有できていますか?

 

Sansanとは?

 

SansanのCMみたことありませんか?

「それさぁ、早く言ってよ~」CMシリーズ最新作!岩松了さん演じる社長が初登場! クラウド名刺管理SansanのTVCM第5弾、9月11日より放送開始 〜シリーズ初のスピンオフをWeb限定で同時公開〜 | Sansan株式会社
 Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、同社の提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」のTVCM第5弾

Sansanは法人向けのクラウド型名刺管理サービスです。

 

 

Sansanの特徴ってなに?

 

人脈を簡単に社内で共有

 

たまった名刺をスキャンするだけ!

簡単にデータ化し、社外の人脈を社内で共有することができます。

 

名刺の人物に紐づけて、商談をシンプルに管理

 

スキャンされた名刺データに紐づけて、商談内容を記録できます。

 

自身に関連する共通人脈の更新情報や人事異動情報が届く

 

名刺情報をもとに、営業活動に役立つさまざまな情報を関連する人へ配信することができます。

 

オフィスでも社外でもあらゆるシチュエーションで活用

 

オフィスで名刺情報を検索し、社外の人脈を調べたり、営業時の外出先で訪問前にスマートフォンから人物情報を確認できます。

 

個人情報である名刺をセキュアに管理

 

名刺をクラウド上で一括管理することにより、高度なセキュリティ水準で情報漏洩のリスクを最小限に抑え、安全な情報活用が可能です。

 

他にも便利な機能がいろいろ!!

 

詳しくは ↓ ↓ ↓

特長 | Sansan - 法人向けクラウド名刺管理サービス
組織の生産性向上・営業力強化から、マーケティングや採用、コンプライアンスの強化まで名刺管理を入り口とした、さまざまなソリューションをご紹介します。

 

 

Sansanを使ってみて

 

名刺交換しても個人で持ってたらもったいないとおもいませんか?

もちろん普段からもですが、

イベント開催に名刺をいただくことで

最終参加人数の確認ができたり、連絡先がわかることでお礼の連絡を参加者みなさまに送ることができます。

でも、ひとりが全部の名刺を持っているとみんなで分担してできることが少いですよね。

 

そんなとき、Sansanがあると!!

 

スキャンでSansanに読み込んでしまえば、

枚数の確認も名刺の情報もひとめでわかるようになりました!

 

とっても便利!!

 

部署みんなで共有できるので、業務が効率良く進みました!

 

Sansanのホームページにいろんな企業の導入事例があるのでぜひ!

導入事例 | Sansan - 法人向けクラウド名刺管理サービス
Sansanを導入して、名刺を起点に社内の情報共有を促進することで、ビジネスチャンスを掴み、最適なアプローチを実現した事例をご紹介します。

 

 

 

まとめ

 

Sansanは他にもたくさんの機能や使い方があります。

名刺を会社で見える化して部署やグループなどで共有するこができたり、

顧客データベースとしても使うことができるSansanぜひ利用してみはいかがでしょうか。

 

【記事寄稿募集】バックオフィスに関わるツール・サービス紹介の記事寄稿を募集致します!お気軽にお問い合わせください。
ツール・サービス紹介/寄稿募集! CBplusメディア化に伴い、バックオフィスに関わるツール・サービスのご紹介をさせて頂きます! 『自社の商品を紹介してほしい!』 『おすすめのツールがあるので是非紹介したい!』 など、紹介したいツー...
2/27@池袋CBsyncセミナー開催決定!「インナーブランディング&社内活性のためのエンプロイー・エクスペリエンスの設計」
2/27@池袋CBsyncセミナー開催決定! 皆様、お待たせいたしました。 前回も大変ご好評頂きましたCBsyncセミナー 次回は「インナーブランディング&社内活性のためのエンプロイー・エクスペリエンスの設計」をテーマに豪華ゲ...
タイトルとURLをコピーしました