こんにちは、広報のうちだ(まみたす)です。

突然ですが、私は広報に転職をしてから初めて「LT」という言葉を聞きました。

最近ではセミナーや勉強会でも主流となっているLTですが、そのルーツはどこにあるのでしょうか?

なんでLTと言うのでしょうか?

気になったので、調べてみることにしました!

「LT」とは?

 

 

ライトニングトーク、通称「LT」とは、主にIT系のセミナーや勉強会で多く用いられる短いプレゼンテーションの事です。

様々な形式がありますが、持ち時間が5分前後と短く設定されている場合が多く、最近の学びや持っているノウハウを簡潔に説明する手法です。

誰が始めたの?

形としてのライトニングトークは1997年のPythonカンファレンスで初めて行われたとされている。
[1]その時点では単に「ショートトーク」と呼ばれていた。「ライトニング(Lightning:稲妻、電光石火)」という言葉が用いられるようになったのは、2000年6月に行われたYAPC 19100 Conferenceからとされている。
[2]その後技術的なカンファレンスに於いて、この言葉が浸透するようになっていった。
<引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF>

日本に、LTが登場したのは、YAPC(ヤプシー)というIT技術者向けのカンファレンスのようです。

YAPC(ヤプシー)は、ITに関わる人が集まる大きなカンファレンスで、技術者達がノウハウの共有や交流をするイベントで、日本でもYAPC::Japan(ヤプシージャパン)という名前で開催されています。

▼YAPC::Japan
https://yapcjapan.org/2019tokyo/

そこで、講義やセミナー登壇の講師経験がない方でも、気軽にプレゼンテーションを行える環境として作られたのが「LT」です。

また、YAPC(ヤプシー)の発症国であるアメリカでは、90分の中でLTを行うのが主流のようですが、日本は60分の中でLTを実施するのが主流とのこと。

私たち、CB部のイベントでもLTを実施する機会がありますが、本家のスタイルとは少々違いました!

今は、様々な企業や団体がLTの手法を応用しており、幅広いスタイルが生まれているようです。

次回CBsyncセミナー

次回のCBsyncセミナーでは、残念ながらLTは行わないのですが、最近流行キーワードのエンプロイー・エクスペリエンスの設計について、豪華登壇者にお話し頂きます。

参加費は無料です!

ぜひご参加ください★

2/27@池袋CBsyncセミナー開催決定!「インナーブランディング&社内活性のためのエンプロイー・エクスペリエンスの設計」

WRITER
うちだまみ
うちだ まみ
広報のうちだです。 趣味はサッカー観戦とお酒とゴルフ。