こんにちは!オルトプラスCB部あすみです(`・ω・´)労務の人です。

従業員さんから「確定申告をしたほうがいい??どうしたらいい??」と相談されることが増えてきました。

会社員(サラリーマン)に話をしぼって確定申告の対象者・簡単な申告方法を共有いたします!

 

前回は源泉徴収票の読み方をご紹介しました。

 

どんな人に確定申告が必要?

サラリーマンの場合、給与所得は”年末調整”で申告済ですが、

条件によってはご自身で確定申告が必要になりますので注意が必要です!

①会社で年末調整をしなかった人

(1)給与収入(額面年収)が2,000万を超える人

(2)年度途中退職や、諸事情で年末調整を受けなかった人

②2か所以上の事業所から給与をもらっている人

③給与以外に所得(利益)※が20万円以上ある人

※所得:収入金額から経費を抜いた金額 不動産、配当、個人事業、譲渡、山林、雑所得etc…があります。

最近は、副業複業をする=確定申告対象の方が増えましたね!

オルトプラスは副業OK!確定申告のご相談を受けることも増えました。

④還付申告をする人

(1)医療費が10万円を超えたとき
(2)寄付をしたとき(ふるさと納税など)
(3)住宅ローン1年目
(3)年末調整申告に過不足があった人

特に、ふるさと納税の税金の還付を受けるには申告が必要です

こちら申告しないとただ寄付をしただけになってしまいます…。

年末調整で申告漏れがあった場合も、控除の追加申請を行うことで所得税が戻ってきます。

 

確定申告のやりかたは??

国税庁のHPも大変わかりやすいので、ざっくりとした流れだけ…

①必要書類を用意する

・源泉徴収票

・関連する証票(医療費控除の場合は領収書、など)

・マイナンバー確認書類、本人確認書類

②申告書を作成する

申告書類は、国税庁HP 確定申告書作成コーナーからアウトプットできます。

年調の補足や、医療費控除、ふるさと納税、2社から給与をもらっているなど簡便な申告であれば国税庁HPが一番簡素でサクッと完了できます。

ただし、個人事業等で経費や利益の計算が必要な方は、青色申告に向けて民間の会計ソフトを利用することをお勧めします。クラウド会計ソフトを使えば、経理の知識がなくても今日からすぐ、簡単に確定申告書を作成することができますね。

freee

簡単な入力でサクッと所得税、青色申告決算書、損益のレポートだって作成できます。

簡単な質問に答えていくだけで申告書が作成できてとってもわかりやすいです。

個人事業主向けプランは、月額980円(税抜)から使えます!

MFクラウド確定申告

家計簿でも有名なMoney Forwardさん

銀行やカードとの自動連係機能がわかりやすい!お金の出入りが多い方にお勧めです。

個人事業主向けプランは、無料から!

仕訳が50件を超えると月額800円(税抜)からとなります。

 

③税務署に書類を提出する

(1)税務署に郵送
(2)税務署に手渡し提出
(3)e-Taxで電子申告

今年からe-Tax利用が簡便化されました。方法は2つ。

①マイナンバーカードをICリーダーで読み取る方法

②税務署でe-Tax用ID-パスワードを発行してもらう方法

過去e-Taxの準備がめんどくさくて挫折された方も、今年からはe-Taxに挑戦してもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

副業・複業をしている方はもちろん、追加の控除申告がある方は忘れず確定申告を!

締め切りは2019年3月15日!

WRITER
asumi
asumi
オルトプラスCB部HRディレクター ワーママ時短・労務の人です