こんにちは。CB部のうちだです。

「文章力向上」「文章力鍛え方」で検索をすると「本を沢山読みましょう」「文字をたくさん書きましょう」などの訓練方法がたくさん書かれています。

しかし、「そうじゃない!もっと、こう…即効性が欲しいんだ!」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、あなたの文章を読みにくくしている余計な言葉をご紹介します。

この記事を参考に自分が書いた文章を添削するだけで、とても読みやすい文章になりますよ!

いま文章力を上げたい!という方は、是非最後まで読んでみてください。

目次~読みにくい文章を作る余計な言葉~

読みにくい文章を作る多用しがちな言葉4つ
・指示語「こそあど言葉」を多用しない
・「こと」「もの」を多用しない
・「ことで」を多用しない
・「で」「の」を多用しない

読みにくい文章を作る重複しがちな言葉3つ
・二重表現をしない
・二重否定をしない
・同じ言葉を繰り返さない

まとめ

読みにくい文章に共通しているのは「余計な言葉」です。

まずは「余計な言葉」を削ぎ落として文章をシンプルに整えましょう!

無駄なものを削ぎ落とすだけで、ぐんと読みやすい文章になります。

では、何をどのくらい削ったら良いのでしょうか?

読みにくい文章を作る多用しがちな言葉4つ

指示語「こそあど言葉」を多用しない

〈例文〉

×「説明資料をお送りしました。こちらは非常に重要なので必ず御覧ください。」

○「説明資料をお送りしました。非常に重要なので必ず御覧ください。」

指示語とは、「これ」「それ」「あれ」「どれ」など、何らかの状況をもとに指し示す言葉です。(英語でいうと thisや that のこと。)

指示語は、以前の文章を省略する機能がある為大変便利で使いやすい言葉です。

しかし、使いすぎると何を指し示しているか分かりづらくなったり、読む人が誤解する可能性も高まります。

指示後は、できるだけ具体的な言葉に言い換えをするか、指示語自体を削りましょう。

「こと」「もの」を多用しない

〈例文〉

×「余計なことを削ぎ落として文章をシンプルにしましょう。」

○「余計な言葉を削ぎ落として文章をシンプルにしましょう。」

「こと」「もの」も「こそあど言葉」同様他の言葉を省略する機能があるので多用しがちです。

「こと」「もの」を使いすぎると文章から明確さが失われ、意味が伝わりづらくなってしまいます。

できるだけ、具体的な言葉に言い換えましょう。

「ことで」を多用しない

〈例文〉

×「オリーブオイルを入れることで香りが増します。」

○「オリーブオイルを入れると香りが増します。」

「ことで」も使ってはいけないの?と思われた方も多いでしょう。

絶対に使わないほうが良い!と言う訳ではありませんが、使いすぎにより文章がくどくなってしまうので、注意しましょう。

「で」「の」を多用しない

〈例文〉

「で」の場合

×「採用サイトの募集要項を見てご連絡しました。」

○「採用サイトの募集要項を見てご連絡しました。」

「の」の場合

×「広告などで集客を考えています。」

○「広告などで集客を考えています。」

こちらも、絶対に使わないほうが良い!と言う訳ではありませんが、不要な「で」「の」を削ると文章がスッキリします。

読みやすい文章を書くためには、注意したいポイントです。

読みにくい文章を作る重複しがちな言葉3つ

二重表現をしない

〈例文〉

×「車に乗車する

○「車に乗る」

例文のように、同じ意味を重ねて使うことを二重表現と言います。

二重表現は、間違った日本語なので特に注意しましょう。

また最近は、カタカナ言葉を使った二重表現が多く見られます。

一見違和感がないものの、こちらも間違った日本語なので注意しましょう。

〈例文〉

×「エントリーに参加する

○「エントリーする」

二重否定をしない

〈例文〉

×「お腹が痛くないわけでもない

○「お腹が痛い」

二重否定は、回りくどい言い方をする時に使う言葉です。

その場を雰囲気や気持ちを伝える技法ではありますが、使いすぎてしまうと歯切れが悪く読みづらい印象を与えてしまいます。

できるだけ、ストレートな表現を使ったほうが好印象なので注意しましょう。

同じ言葉を繰り返さない

〈例文〉

×「文章力を上げるポイントは、5つのポイントがあります。

○「お文章力を上げるポイントは、5つあります。」

同じ言葉を一つの文章の中で繰り返し使うのも避けましょう。

文章がくどくなってしまい、読みづらい印象を与えてしまいます。

まとめ

いかがでしょうか?

無駄な言葉を削ぎ落とすだけでとてもスッキリした読みやすい文章になりますよ!

ぜひ皆様も試してみてください。

次回もお楽しみに!

WRITER
うちだまみ
うちだ まみ
広報のうちだです。 趣味はサッカー観戦とお酒とゴルフ。