株式会社MapleSystems CHRO(最高人事責任者)鴛海 敬子氏


前職は大手アミューズメント会社にて新卒採用業務に従事。チームリーダーとして採用戦略立案から実行まで担当し、年間80名の新卒一括採用を成功へ導く。
その後2017年11月に株式会社MapleSystemsへ CHROとしてジョイン。入社から1年間で約70名のエンジニア採用を実現。離職率100%を掲げる企業として一般的な採用の枠に囚われない新しい手法で採用実績を残す。ついたあだ名は採用モンスター。

鴛海さんは「採用モンスター」と呼ばれている?名乗られている?と思うのですが、こちらの由来は何ですか?

社長に命名されたのがきっかけです。笑

私、入社して一週間で会社説明が普通にできるようになっていて、普通に採用やっていたんですよ。笑

社長とフランクにコミュニケーションとっていたのもあって、面接に来た方もまさか私が入社一週間だとは思わないレベルで仕事をしていて。

そんな感じで2-3ヶ月経って採用も結構進んだ時に「お前まじでモンスターやな」って言われました。笑

実はそれ以前に、人事としても名前を売っていきたい!と言うのを、代表とも常々話しをしていました。

会社の名前を有名にするために、サービスのプロモーションは当然ですが、同時に人の名前を売ることで会社の知名度アップに貢献出来るとも思っていて、その時に「鴛海敬子です。」って言われてもなんか覚えにくいとおもうんです。

なので、キャッチーだしちょうどよいと思って気に入っています!

いいですね!私も何かつけてほしい!

社長に言ったらすぐつけてくれますよ!笑

うちの広報は、顔面加工広報だし。笑

!!(加工しなくてもかわいい)

 

 

 

やっぱり、見てもらうのは大切だとおもいます。

私も広報の経験はまったくないんですけど、そんなかんじで採用広報をやっています。

今後の目標を教えてください!

そうですね。

会社としての目標は、4年後の上場を目指していて、私もその景色を一緒にみたいなと思っています。

個人的なところでいうと、採用コンサルのような形で他の会社のお手伝いも出来たらいいなと考えています。

いいですね!鴛海さんならすぐできそうです!

 

 

 

一年間で70人エンジニアを採用されたとお伺いしました。

エンジニア採用ってどこも難しいという声が上がっている中、なんでメイプルさんはそんなに採用出来るんですか?

もともと、社長が作っていた制度がエンジニアに寄っていると思います。

多くの経営者は「人の成長」「人を大事に」と言いますが、極論は利益に偏りがちじゃないですか?

それに対して、うちの社長は「自分がエンジニアだったとしても戻ってきたい」と思える会社をつくりたいと言うのがモットーで、元々あった給与の仕組みや人事制度が働き手にかなり寄っています。

採用担当としても、求職者に対しても素直に自慢出来る要素が大きいです。

 

 

SES業界全体でいうと、エンジニアとしてのキャリアが伸ばせないとか、働き方が大変とか、良くない話も多いですが、経営者によるんですよね。

やり方によっては全然キャリアを伸ばせるし、いい働き方も出来ます。

うちの場合は、一人ひとりに対してアサインする案件を会社の都合で選ばず、必ず本人に相談して本人に選んでもらって決めているので、満足度の高い案件にアサインすることが出来ます。

また、SESはプロジェクトごとに契約金額が変わるのですが、スキル連動型にしています。

例えば、初めのA案件は契約金が50万円で配属されたけど、次のB案件は60万円ですとなるとその分本人のお給料が上がりますなど、スキルを伸ばしたら伸ばした分だけお給料が伸びるんです。

このように、頑張った人が損をしない仕組みを作っています。

他社も同じ仕組みを利用すれば良いのにと思うのですが、多くのSESの会社はそのプロジェクトの契約金がいくらかも本人には伝えないし、案件のアサインも会社の都合で行われるんですね。

そうすると働き手としては、たらい回しにされている感があったり、自分がその案件にアサインされた理由が分からないから、モチベーションにも繋がりづらいんですよ。

でもそこさえ改善されたら、SESの働き方はとても素晴らしいと思っていて、ひとつの会社に配属されながらも、いろいろなプロジェクトを経験することが出来て、業界知識も増えるし、一社じゃ経験出来ない事を沢山経験出来ると思っています。

私的には、一番いい働き方だと思います。

そこを自信持って話せるのもそうだし、だからこそ採用出来るのかなと思いますね。

正直に何でも言えるのは、採用担当としても非常に強みとなるし、求職者に対しても親切だと思います。

今、エンジニア採用に困っている会社に何かアドバイスをするとしたら、どのようなアドバイスをされますか?

自分たちの情報を出し惜しみしないでほしいと思います!

良いことも、悪いことも、全部、全てです。

多くの採用担当は、大きく網をかけたいから、当たり障りの内容に言葉を選ぶんですけど、そうすると沢山の人にリーチ出来ると思うんですが、最後の一社には選ばれないんです。

最後はやっぱり会社独自の色に共感してくれて入社に繋がります。

逆に、うちみたいな発信の仕方をしていると、合わないと感じる方もいると思いますが、好きっていう方がちゃんと来てくれるのは、ちゃんと正直に何でも発信しているからなんですよね。

もっと、嫌われる事を恐れずに発信してほしいなって思います。

コレ出したら応募減るだろうな..と思っても出してみたら意外とそうでもなかったりしますよ。

「この会社正直だな」って思ってもらえて、初めから好感触の方が面接に来てくれます。

そうしたほうがエンゲージメントも高いですし、内定率も上がるので、無駄のない採用にも繋がりますよ!

おまけ

▼鴛海さんおすすめのおみせ

フリーマンカフェ(渋谷)

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13124332/

お仕事をしたり、読書をしたりするのにおすすめとのこと。

 

 

WRITER
うちだまみ
まみたす(うちだ)
広報のうちだです。 趣味はサッカー観戦とお酒とゴルフ。