「カルチャーコーディネーター」という仕事をご存知でしょうか。

和訳すると、カルチャーは文化。

コーディネーターは調整役。

文化調整役?

まだ馴染みのない職業ですが、海外では取り入れている企業も多いとのこと。

今回は、日本でかなり希少なカルチャーコーディネーターの方々に、「カルチャーコーディネーターとは何か」インタビューしてきました。

イベント21カルチャーコーディネーターチーム

 

中野愛一郎(なかの あいいちろう)

ヒッチハイクで日本二周し世界35ヵ国を旅した前職旅人。「余命1ヶ月半」と突然宣告されたイベント21創業者である父の急逝により26歳で事業継承。
当時は創業から16年連続債務超過で社員4名、売上1億と倒産寸前だったが、第二創業で12年で社員数163 名、売上15億、全国及び世界に15拠点展開と成長中。
企業文化を大切にした採用で今期新卒採用30名を掲げる。イベント21代表取締役社長、ステップ代表取締役会長の他、
中小企業家同友会全国青年部連絡会代表やPTA会長も務める。全国から会社見学が相次ぎ、各地で講演も100回を超える。

 

井藤 栞(いとう しおり)

1994年生まれ、徳島県出身、福岡教育大学卒。
一時は音楽教員や演奏家を目指すも、コンサートやイベントの裏方の仕事に魅せられイベント業界へ。
内定式で代表の中野より打診され、カルチャーコーディネーターとして入社。
今は社内の企業文化共有のための広報(ブログ執筆など)、社内セミナーの開講、
また新規事業部の立ち上げを経験。アメリカで、コアバリューや企業文化に関して学び、女性活躍に関する外部の講演経験もあり。

 

三坂 明日花(みさか あすか)

1995年生まれ、埼玉出身、アメリカ・バルセロナへの長期留学の経験あり。
せっかくの人生好きなことをしたいと大学進学は語学や国際教養へ。
留学・就活を通じ、イベントを業界へ進むことを決意。
入社前に、初代CCより業務内容を聞かされ、面白そうなことがしたいとCCになる。
社内研修やイベントで、作り上げや司会、ファシリテーター等、様々なことに挑戦中。

 

 

坂上 奈穂(さかがみ なお)

1998年生まれ、奈良県出身、武庫川女子大学短期大学部出身。人と直接関わることが好きで、学生時代はレクリエーションを学び、テーマパークでアルバイトをしていた。多くの人を楽しませる仕事がしたいとイベント業界に憧れ、イベント21へ。ブログを読み、なんか楽しそう、やってみたい!と直感的に思いCCを志望。
入社後は「何事も楽しみながら挑戦する」をモットーに、入社3ヶ月にして海外出張を経験。また、社内掲示物の製作などデザイン関係の仕事にもチャレンジ。入社直後に開設された個人のインスタグラム(@event21_sakagami)ではイベント21の日常を垣間見ることができる。

「カルチャーコーディネーター」との出会い

─みなさん、今日はよろしくお願いいたします。

まずはじめに「カルチャーコーディネーター」という職種を導入されたきっかけから教えて下さい。

中野:3-4年前に、ラスベガスにあるザッポスという会社に企業訪問した時、「カルチャーコーディネーター」という仕事に初めて出会ったのがきっかけで、うちの会社にも導入することにしました。

 

それ以前から、僕らは理念経営というものを大切にしていて、同じ目的や存在意義のもと組織を作っていこうという想いがあったのですが「理念」ってかなり幅が広い言葉なので、もう少し社員よりのわかりやすいものを作りたくて「企業文化」にたどり着きました。

そこで「企業文化」について先進的なザッポスに訪問することになったんです。

▼ザッポスってどんな会社?
参考:https://hcm-jinjer.com/media/contents/b-contents-editorial-zapposkai-180227/

ザッポスの企業訪問では、「カルチャーコーディネーター」という職業との出会いをはじめ、様々な学びがあり、これは自社に持ち帰って絶対にやったほうが良いと確信したんです。

カルチャーコーディネーターひとり目の誕生

中野:その時ちょうど、次の年度の新卒社員の内定が出ている時期でした。

10月に内定式があったんですけど、井藤さんにはもともと営業で内定出していたんですが、絶対にカルチャーコーディネーターをやってほしい(向いている)と思って、直接話したのを覚えています。

「カルチャーコーディネーターという仕事を自社で始めようと思っていて、もしかしたら日本で初めてかもしれんけど、やらへん?」

と、ストレートに打診したところ、「やります!」と言ってもらって、カルチャーコーディネーター一人目が誕生しました。

─井藤さんはもともと営業で内定をもらっていたとのことですが、カルチャーコーディネーターって、学生時代に聞いてもピンとくる職業ではないと思うんです。

やろう!と思ったきっかけは何ですか?

井藤:確かに、笑

どんな仕事か検討がつかなかったので、もちろん仕事の内容は聞きました。

その時に、カルチャーコーディネーターに近い「チーフカルチャーオフィサー」についての本を貸してもらって、社長から「コレ読んでかんがえてみ!」と言われたんです。

あとは、仕事内容を聞いた時にザッポスについての話も聞いていたので、ザッポスについての本もほとんど読んで「これは絶対に楽しい仕事だ!!」と思って、直感で「やらせて下さい!!」というお返事をしました。

─なるほど、そんな経緯があったんですね!

先程、中野さんが「井藤さんに絶対やってほしい」とおっしゃられていたと思うのですが、井藤のどんなところが魅力だったんですか?

中野:どうしてもゼロから1を作る部署のスタートアップですし、なにより企業文化っていうのは色んな社員と共有していかなくちゃいけないじゃないですか?

どんなに崇高なカルチャーを掲げていたって、壁に飾ってあるだけでは何の意味もなくて、自分たちが自分たちのものにしていかなくてはいけない。

つまり、パワーをもっていて、ポジティブで、タフ!!

どこにでも突っ込んでいける!!みたいな、この辺の力を感じました。

あと笑顔がとても素敵で、明るい企業文化には明るい笑顔が必要だとおもい、井藤さんにお願いをしました。

─素敵です!

カルチャーコーディネーターって何をやっている人?

─カルチャーコーディネーターの皆さんは、具体的にどのような業務をされているんですか?

井藤:本当に様々です。

私達は3名体制のチームなのですが、3名が毎日違うことをやっているような状態です。

主なところでいうと、ブログの更新、委員会活動等、私達以外の社員も、それぞれが企業文化を良くしていく為のプロジェクトを持っていて、そういったチームのサポート。

あとは、社外にコアバリューや企業文化について学びに行ったりとか。

あと、全国7拠点ある事務所に毎月一回は訪問して、活動のサポートをしたり。

ランチミーティングをしながら「企業文化」についてのディスカッションの場を設けたりしています。

─本当に、様々ですね。

ランチミーティングってどんな話をされているんですか?

坂上:そうですね。

当社のコアバリュー(参考:https://event21.co.jp/kigyou.htm)のキーワードに基づきディスカッションなどをします。

例えば、イベント21のコアバリューの中に「感謝」という言葉があるります。

「最近感謝された出来事は?」

「なぜ感謝されたと思う?」

など、アウトプットすることによってコアバリューの体現を自分自身で思い返してもらったり、逆に他のメンバーの話を聞いて、新しい学びにつなげてもらったり、メンバーで話し合うことによって、その意味や体現性を深める時間として設けています。

─とてもいい取り組みですね。

何名くらいでディスカッションされるんですか?また参加メンバーはどのように構成されるんですか?

三坂:だいたい6名くらいで、希望者で集まって実施しています。

あと、是非見ていただきたいのですが、このようにカタチにして全社員が持っているんです。

 

中野:僕らは「明確化」「成文化」というの大事にしているのですが、やっぱりちゃんとカタチや文章にしないと伝わりづらいとおもうので、まずはそこから取り組んでいます。

運営ではなく、あくまでサポート。カルチャーコーディネーターの立ち位置。

─その他は、どのような業務に取り組まれていますか?

坂上:そうですね..、本当にたくさんありすぎて何をお話したらいいか、笑

中野:そうなんですよ、先程お話した委員会だけでも20個くらいあって。笑
※委員会活動については次回記事で深堀り致します!お楽しみに。

─カルチャーコーディネーターの方々で、委員会の「運営」をされているんですか?

三坂:運営…?というよりも、サポートなんです。

あくまでも、カルチャーコーディネーターはフォロー役で入っていって、基本的には委員長を責任者として立てているので、委員長を中心にそのチームを回していく。

ですが、委員長も営業など別の職種の担当が兼務をしているので、私達は、コーディネーターという立場からそのフォーローをしています。

手が届かないところと、普段の業務が忙しい時などにすっとサポートしたり、ビジョンやミッションから外れそうな時に、軌道修正をしたり…。

なので、私達3名の誰かが、必ずどれかの委員会には所属するようにしています。

中野:例えば、会社説明会ひとつとってみても、僕らは人事部がないから「全員が人事」でやっているんです。

全員が会社を語れます。

それも、今お話したような委員会の中で「新卒採用委員会」のチームがあって、そういったフォローに入るのもカルチャーコーディネーターチームなんです。

あくまで、運営主体は委員会なんですけど、その中で企業文化の説明の場ではカルチャコーディネーターが登場したり、準備進捗の確認をしたりしています。

─結構、大変そうですね!

遠隔でサポートするわけですよね。

中野:あははは、笑

間違いなく、大変か大変じゃないかで言ったらめっちゃ大変。笑

どこまでも幅広い活躍!社内のことだけやっている訳じゃない。

─皆さん、カルチャーコーディネーターのチームは、カルチャーコーディネーターのお仕事だけをしている方々なんですか?

三坂:実は、去年からクリエイティブ事業部というものが立ちあがり、そっちにも所属しています。

何をしているかというと、今まで各担当制にしていた企画運営などの社外案件です。

ゼロから1を作り出すカルチャーコーディネーターである私達は、社内イベント等も企画から運営まで携わるのですが、そのノウハウを生かして社外の取り組みにも参加するようになりました。

なので、お客様の対応もしておりますし、パフォーマーの手配とかもしています。

あと、一番は海外事業です。

最近、海外事業にも取り組んでいて、海外の人にも入社してもらっています。

海外事業部は、日本でイベントをしたい海外のお客様、海外でイベントをしたい日本のお客様などにも対応していて、基本的に海外の従業員一名と、私の二人で運営しています。

─ほんとうに、びっくりするくらい色々たくさんやっているんですね!

ずっと見てられることがこの仕事のやりがい

 

─カルチャーコーディネーターだからそこのやりがいってなんですか?

井藤:この仕事は色々な拠点に行って色々な人とお話をするので、色んな情報、色んな人が頑張っている姿を知ることが出来るのがやりがいです。

例えば、社内イベントでアワード表彰があるんですが、この時期だと三ヶ月間でめちゃくちゃ頑張った新卒の子を表彰する場があります。

本当に頑張っている姿を間近で見れたり、成長過程を知ることが出来るので、すごく感動するというか、受賞して喜んでいる姿をみるとジーンと来るものがあるんです。

どうしても、一つの拠点だけだと同じ拠点のメンバー以外の情報ってなかなか入ってこないと思うんですけど、色んな人と関わり感動することが出来るので、その点とても贅沢だなと感じます。

中野:そうやな。

受賞する人が喜んで泣いたり、受賞できなかった人が悔しくて泣いたり、するじゃないですか?

舞台脇で見ているかるカルチャーコーディネーターのメンバーも泣くんですよ。

坂上:そうですね。

私も、今お話あったような色々な拠点で色々な人に関われるというのは、とてもやりがいにかんじているのですが、色々なプロジェクトに関われるというのも、非常にやりがいに感じています。

例えば、この前やったあれが、今度はこのプロジェクトに活かせるなとか、反省点を自分の実体験で早いサイクルで生かしていくことが出来るのが、とてもやりがいです。

─すごい、現場のパワーを感じて圧倒されてしまいます。

今後の、カルチャーコーディネーターとしての目標はありますか?

三坂:最終的な目標でいうと、カルチャーコーディネーターがコーディネートしなくても、各プロジェクトがしっかり回るし、各プロジェクトが横軸で情報共有出来る状態が理想です。

今は、私達がプロジェクトのハブになって情報やノウハウの横断をサポートしているのですが、それが当人同士で自然にできる文化が出来てしまえば、あとは見守るだけ。

カルチャーコーディネーターがいなくても良い組織が、最強だと思います。

編集者まとめ

インタビューをしていて、カルチャーコーディネータチームのパワーに圧倒されました。

特に驚いた点は、この三名が、新卒一年目、二年目、三年目の若手社員ということ。

CB部も、今まで企業文化やインナーブランディングについて様々な取り組みやセミナーを開催してきましたが、ここまでの若いパワーで文化形成をされている企業に出会ったのは初めてでした。

次回は先程も触れた委員会について深堀りをしていきます。

是非お楽しみに!

イベント21概要

【企業名】
株式会社イベント・トゥエンティ・ワン(イベント21)

【事業内容】
ハッピークリエイト業
(イベント用品レンタル、イベント会場の設営・装飾・施工、イベント企画・運営・手配、看板制作及び販売
ノベルティ及びイベント用品販売、デザイン、日本商品の海外販売、WEB広告代理店業務)

【ホームページ】
https://event21.co.jp/

【世界をもっとhappy!に変えていきたいイベント21の社長ブログ 中野愛一郎】
https://event21.co.jp/ceo/

【企業文化の共有を仕事にするCC(カルチャーコーディネーター)のブログ】
https://cc-event21.com/

【イベント21の人事ブログ】
https://event21.co.jp/recruit/

WRITER
うちだまみ
うちだ まみ
広報のうちだです。 趣味はサッカー観戦とお酒とゴルフ。