連載もいよいよ最終回。

今回は、イベント21が運営する社員ブログについてお伺いします。

イベント21では、カルチャーコーディネーターチームをはじめ、自らの活動を発信するブログを運営しています。

最近、オウンドメディアが注目され、導入される企業が増えています。

しかし、記事更新を社内で持ち回りにすると、なかなか更新数が増えなかったり、コンテンツの内容にばらつきが出たりななど、様々な悩みを伺う機会も増えました。

そんな中、イベント21では、カルチャーコーディネーターチームを含め、ほぼ毎日記事更新されているとのこと。

どんな更新ルールなのか、誰が旗振り役をやっているのか。

そんなブログの話を深掘っていきたいと思います。

イベント21カルチャーコーディネーターチーム

中野愛一郎(なかの あいいちろう)

ヒッチハイクで日本二周し世界35ヵ国を旅した前職旅人。「余命1ヶ月半」と突然宣告されたイベント21創業者である父の急逝により26歳で事業継承。
当時は創業から16年連続債務超過で社員4名、売上1億と倒産寸前だったが、第二創業で12年で社員数163 名、売上15億、全国及び世界に15拠点展開と成長中。
企業文化を大切にした採用で今期新卒採用30名を掲げる。イベント21代表取締役社長、ステップ代表取締役会長の他、
中小企業家同友会全国青年部連絡会代表やPTA会長も務める。全国から会社見学が相次ぎ、各地で講演も100回を超える。

 

井藤 栞(いとう しおり)

1994年生まれ、徳島県出身、福岡教育大学卒。
一時は音楽教員や演奏家を目指すも、コンサートやイベントの裏方の仕事に魅せられイベント業界へ。
内定式で代表の中野より打診され、カルチャーコーディネーターとして入社。
今は社内の企業文化共有のための広報(ブログ執筆など)、社内セミナーの開講、
また新規事業部の立ち上げを経験。アメリカで、コアバリューや企業文化に関して学び、女性活躍に関する外部の講演経験もあり。

 

三坂 明日花(みさか あすか)

1995年生まれ、埼玉出身、アメリカ・バルセロナへの長期留学の経験あり。
せっかくの人生好きなことをしたいと大学進学は語学や国際教養へ。
留学・就活を通じ、イベントを業界へ進むことを決意。
入社前に、初代CCより業務内容を聞かされ、面白そうなことがしたいとCCになる。
社内研修やイベントで、作り上げや司会、ファシリテーター等、様々なことに挑戦中。

 

 

坂上 奈穂(さかがみ なお)

1998年生まれ、奈良県出身、武庫川女子大学短期大学部出身。人と直接関わることが好きで、学生時代はレクリエーションを学び、テーマパークでアルバイトをしていた。多くの人を楽しませる仕事がしたいとイベント業界に憧れ、イベント21へ。ブログを読み、なんか楽しそう、やってみたい!と直感的に思いCCを志望。
入社後は「何事も楽しみながら挑戦する」をモットーに、入社3ヶ月にして海外出張を経験。また、社内掲示物の製作などデザイン関係の仕事にもチャレンジ。入社直後に開設された個人のインスタグラム(@event21_sakagami)ではイベント21の日常を垣間見ることができる。

全社員ブロガー!運営するブログの数20種類!

─カルチャーコーディネーターチームのブログを拝見しました!

ブログっていつ頃から書いているんですか?

中野:ブログの発端は、2013年くらいから僕が社長ブログを書き出したのがはじまりで、次が人事ブログ、カルチャーコーディネーターチームのブログは2017年から始まりました。

最近では、全拠点ごとにブログを書くようになって、委員会別にもブログを書くようになったので、ブログだらけの会社なんですよ。笑

おそらく、ブログだけで20個くらいあると思います。

▼イベント21の運営するブログはこちらから
https://event21.co.jp/kigyou_site.htm

毎日更新?更新ルールは?なぜそんなに運営出来るの?

─実は、CBplusも元々バックオフィスメンバーのブログとして始まったメディアなのですが、業務が忙しい時期などには、更新数に悩んだこともありました。

御社では、どのような運営をされているんですか?

坂上:うーん…、特に旗振り役が誰とかも決まっていないんですが、みんなで協力して、毎日更新しています。

─毎日更新しているんですか!

最近、オウンドメディアや社内ブログを初める企業さんが増えているなか、社内更新に頼ると、どうしても更新数が増えない等のお悩みを伺うことも多々あります。

御社でコンスタントに更新できているコツとかってあるんですか?

中野:コツねぇ…コツありますか?

坂上:うーん、頑張ることです!

中野:あははは、笑

でもまあ、簡単に言うとそういうことですわ!

坂上:しいていうなら、週に一回、カルチャーコーディネーターチームの3人でミーティングをするんですけど、それぞれの予定を考えて、次週は何曜日に誰が更新するかというのを担当を割り振って、その日は責任をもって更新をするというのをやっています。

中野:人事ブログについては、役職者が持ち回りで書いているんですけど、カレンダー見ると毎日更新のマークついていて、それが何ヶ月も続いています。

そのコツ教えましょうか?

ー是非!

当たり前に、みんながするべき事を、ちゃんとやる事こそ企業文化。

中野:まあ、さっき言ったように、簡単に言ったら頑張ることなんですが、実際ここまで来るのに13年かかりました。

そんな簡単に出来ないくらい難しいんです。

そして、これこそが企業文化だと思うんですよ。

当たり前に、みんながするべき事を、ちゃんとやるという。

きっと、ブログとか委員会の優先順位が低く、片手間になってしまうと、きっと意識も下がっていってしまうんですけど、こういったひとつひとつの活動がめっちゃ大事だと、みんなが理解していて、当たり前に実行される状態にするというのが、やっぱり企業文化だと思うんですね。

─なるほど。最初から皆が書いてくれていたっていう訳ではないんですね。

中野:そうですね。

最初は口酸っぱく何度も言いました。

「なんで書かへんねん、これ大事やん?」

「何が大事かっていうとな…」

本当にこの繰り返しです。

それでも、みんなそう簡単には書いてくれない。

言っているうちに、段々と浸透して書いてくれるようになって、あの手この手しながら伝え続けました。

例えば、営業って外からお客様を獲得してくるのが仕事だとおもうのですが、うちの場合は、WEBからのインバウンドが結構多いので、来てくださったお客様の対応だけで済みます。

本来、営業は新しいお客様の発掘と、お客様にサービス提供をするという2つの仕事があるのに、サービス提供しかしていない状態だったので、新規のお客様の発掘もやっていかないといけない。

それが情報発信ですよね。

なので当時は、情報発信の重要性から知ってもらって、極端な話、飛び込み営業行くかクーラー聞いた部屋で記事書くか、どっちが効率的かみたいな話もしました。

しかし継続していると、実際に自分が書いた記事を見たと言ってお客様から問い合わせが来て、書いた本人は感動するわけです。

そしたら今度は、その従業員が記事を書くことの重要性を他の従業員に語ってくれるんですね。

徐々に、そういった取り組みを制度化して、人事制度に組み込んだりして、今はもう当たり前の状態になりました。

コンテンツは成長。

ー書くネタに困ったりはしないんですか?

三坂:ネタに困ることはあんまりないですね。笑

何かしら仕事はあるので!

例えば、社内イベントがあるときは、その準備段階からレポートをしたり、イベントの様子も色んなコーナー、切り口で書けることはいっぱいあるので、書きたいことはたくさんあるけど、一気に書いたらすごい量になってしまうので、記事を分けて書いたりとか。

書きたいことがありすぎて、むしろ書ききれてないのがうちですね。笑

─もしかしたらカルチャーコーディネーターチームは毎日新しいことに取り組んでいるのもあって、書くネタがたくさんあるのかもしれないですが、中にはある程度枠組みの固まった業務担当の方とかもいらっしゃるのでは?

中野:いないです。

なぜなら、委員会制度があるからですね。

みんなが、仕事から何かしらの学びだったり、挑戦、成長を日々しているものを、コンテンツにしています。

それ以外にも、僕たちはイベントを作る仕事の中で、行った場所や、気がついたこと、何でもコンテンツになるし、書くことってたくさんあるんですよ。

ーなるほど、日々の成長は全てコンテンツなんですね。

ブログを書いていてよかったと思うことってなんですか?

坂上:まず、見てくれる人がいるっていうのはいいなと思います。

例えば、私の場合親が結構見てくれていて。笑

会ったことないのに、カルチャーコーディネーターのチームメンバーのことも、会ったことあるように知っていて。笑

井藤:確かに、はじめてお会いした時に、すでに知っているかのように名前で呼んでもらいました。笑

いつもブログで見ていますって言っていただいて、従業員の両親からそういうふうに言われたのはびっくりしたのですが、嬉しかったです。

坂上:あと、自分がこういう仕事をしていますというのを発信することで、一見分かりづらいカルチャーコーディネーターという仕事を、家族、友達、お客様に、きちんと知ってもらえるのは、とても嬉しいことです。

中野:学生も、このブログをみて応募してくれる人がいましたね。

採用にもすごい繋がっていると思います。

ーとてもいいことですね。

企業文化とは?

ーみなさんにとって、企業文化ってなんですか?

井藤:私達にとって、企業文化とは「社内の当たり前」のことなんですけど、なんの為の当たり前か、というのは、我々の理念を実現するための当たり前です。

すべての行動に繋がっています。

おまけ~入社3ヶ月めの新卒社員に聞いたはなし~

このあと、実際現場で働いている新卒営業担当の女性を話を聞く機会がありました。

素晴らしい企業文化をお持ちのイベント21。

現場のメンバーはどのような気持ちで働いているのでしょうか?

─なんでイベント21に入社しようと思ったんですか?

新卒社員:私、大学では生物学を学んでいたんですけど、

─全然別分野じゃないですか、笑

新卒社員:そうなんです、笑

遺伝子とかの研究をしていたんですけど、ずっとダンスをやっていて、ステージとかにとても興味があったんです。

友人も、医薬品や製薬会社関係の職場に就職していく中、なんか面白い事をやりたいなという気持ちはずっとあって、自分の可能性や、やったことのない世界が広がるところで働きたいなと思っていて、色んなことに挑戦できるし、やりがいを持って楽しく働ける場所がイベント21なのかなと思って入社しました。

─委員会は何にはいられているんですか?

新卒社員:スキルアップ委員会に入っています。

主には、案件の決定率を上げる、営業スキルをみんなで磨いていこうという委員会です。

─おもしろそうですね、今後イベント21で挑戦したいことってありますか?

新卒社員:先程もお話したように、私はずっとダンスをやっていて、踊ることがすごい好きなので、パフォーマンスに関する案件に関わっていきたいというのがあります。

実は今、自分で計画している事があるんですけど…

─すでに、計画してるんですか!?

詳しく聞かせて下さい!

新卒社員:自分が踊っている姿や、ダンスのセミナー動画をブログやTwitter等のSNSで発信をして、それを実際の問い合わせにつなげたいんです。

中野:すごいやん!

─いや、本当にすごいですね!

とても文化浸透して、自ら挑戦している姿に感動しました。

一人ひとりが、心から会社のため、お客さんのため、もちろん自分のために考え、挑戦し続けることが「当たり前」になっているんです。

また、インタビュー最中はもちろん、この記事を書いているときもイベント21の皆さんから元気をもらえるような、そんな会社でした。

今後も、イベント21から目が離せません。

イベント21概要

【企業名】
株式会社イベント・トゥエンティ・ワン(イベント21)

【事業内容】
ハッピークリエイト業
(イベント用品レンタル、イベント会場の設営・装飾・施工、イベント企画・運営・手配、看板制作及び販売
ノベルティ及びイベント用品販売、デザイン、日本商品の海外販売、WEB広告代理店業務)

【ホームページ】
https://event21.co.jp/

【世界をもっとhappy!に変えていきたいイベント21の社長ブログ 中野愛一郎】
https://event21.co.jp/ceo/

【企業文化の共有を仕事にするCC(カルチャーコーディネーター)のブログ】
https://cc-event21.com/

【イベント21の人事ブログ】
https://event21.co.jp/recruit/

WRITER
うちだまみ
うちだ まみ
広報のうちだです。 趣味はサッカー観戦とお酒とゴルフ。