働き方改革がスタートして、ますます注目されるようになった経理アウトソーシング。

その背景に企業では収益が大きくなる部門にリソースを投入し、経理などの収益に直接関係しないバックオフィス業務は外部に委託することで効率的な経営を行おうという動きがあるためです。

この記事では経理アウトソーシングのメリット・デメリットや経理アウトソーシングサービスについて解説します。

経理アウトソーシングとは

 

経理を外部に委託することです。経理代行ともよばれています。

これまでの一般的な経理は企業が経理を採用して、社内で経理を行うスタイルでした。しかし最近では、会社はコア業務に集中して生産性をあげ、経理などのノンコア業務はアウトソースしようという動きがあります。

経理アウトソーシングには派遣型とリモート型があります。

少し前までは派遣型も多かったのですが、最近ではリモート型が増えてきました。なぜリモート型が増えているかというと、属人的になっていた経理業務がクリアになり効率的で透明性の高い経理が実現できるためです。

もう少しわかりやすく説明すると、リモート型で経理をアウトソースする場合「経理プロセスの見える化」が必要になり、経理業務が可視化されます。経理プロセスを「見える化」することでやらなくていい作業をなくしシンプルな経理プロセスが構築できます。

派遣型の経理の場合は、アウトソース先の担当者が会社に来て経理作業をするため、どうしても属人的な経理プロセスになりがちです。

特定の人物だけがある業務ができる状態は健全だとはいえず、担当者が突然退職した場合のリスクや不正・横領などのリスクが残ってしまいます。

このような理由から、実際に経理をアウトソースしてリスクやコストを減らしている企業が増えているのです。

経理アウトソーシングで依頼できる作業

 

結論からいうと経理をまるごと外注することは可能です。

具体的には取引先への請求、仕入先への支払、経費精算、振込、売掛金・買掛金の管理、会計入力を依頼することができ、アウトソース先によっては給与計算や資金繰りの相談に対応してくれることも。

一方で、経理アウトソーシングで対応できない仕事は営業事務や総務・庶務といった経理以外の事務作業、現金管理などの「その場にいなければできない仕事」です。

しかし、専門知識が必要とされている経理業務は、その業務プロセスを管理することもまた困難。

経理をアウトソース化する時は、経理プロセスから対応してくれるアウトソース先に依頼すると、スムーズに見える化がすすむでしょう。

経理をアウトソースする4つのメリット

経理担当者の退職リスクがなくなる

経理をまるごとアウトソースするため、自社で経理担当者を採用する必要がなくなります。簿記資格を持っていて経理経験がある人はなかなかいないものです。
さらに会社のお金を扱うという仕事柄、信頼できる人を選ばなければいけません。求人広告や転職エージェントにお金を払ってやっとの事で採用しても、退職してしまうなどのリスクも避けられません。
経理をアウトソースすることでこのような採用の悩みから解放されるでしょう。

試算表の早期化ができる

プロの経理スタッフが対応するためスピーディーな経理作業と正確さの両立が期待できます。必要であれば既存の経理プロセスを見直し、シンプルで合理的なプロセスに変更。頻繁に行われる法改正のキャッチアップも素早く対応してくれるため、試算表が信頼できる数字に。その結果、試算表の早期化につながります。

会社の成長につながる

試算表が固まるタイミングが早まるため、経営判断の早期化につながります。正確な数字に基づく判断ができるため、角度の高い経営戦略を立てることができます。

コスト削減が期待できる

「経理経験が数年あり、簿記の資格を持っていて、会社の情報を見せても大丈夫な信頼できる人」を採用しようとするとそれなりの給料を支払う必要があります。社会保険費用やボーナス、昇給なども考慮する必要があります。経理アウトソースの場合は事前に取り交わした契約の費用を毎月アウトソース会社に支払えばOK。

また、自社で採用する場合は教育コスト・引き継ぎコスト・退職や採用コストなども発生します。経理をアウトソースするとこのようなコストの発生はアウトソースへの移行期間のみ。採用や教育コストが大きい場合は大幅なコストを削減が期待できるでしょう。

経理をアウトソースする2つのデメリット

社内に経理のノウハウが蓄積されない

会社に経理を置かないので、経理アウトソース会社に自社の経理ノウハウが蓄積されます。何らかの理由で社内に経理を復活させることになった場合には、経理代行会社から自社の経理担当者への引き継ぎが行われます。

経理代行会社はプロですから経理業務の引き継ぎはしっかりと行ってくれますが、人材の育成の対応までは期待できません。この点で不便さを感じる可能性があります。

場合によってはコストが高くなる

経理代行会社ではそれぞれのクライアントの実情に合わせて経理作業をオプションメニューでカスタマイズすることがあります。通常のプランにオプションを加えていくため、費用は通常よりも高くなります。

その結果、正社員・派遣・パートなどで人を雇うよりもコストがかかることも。一方、新規で採用を考えた場合、相応の能力を持った人を採用できる保証はどこにもありません。
経理代行会社に支払う費用が高いのかそうでないのかは状況によるといえます。

経理アウトソーシング会社を選ぶコツ

新プロセスの構築から経理の運用まで一気通貫で対応してくれるサービスを選ぶ

現状の問題点の洗い出し・既存の経理プロセスの見える化・新プロセスの構築から経理実務の運用まで対応してくれるサービスを選びましょう。「経理プロセスの改善・構築」と「経理の運用」を別々の会社依頼してしまうと、アウトソースをするまでに二重の工数がかかってしまいます。一気通貫で対応してくれる会社ならアウトソースしやすいように経理プロセスを構築してくれるため、スムーズに経理のアウトソース化ができます。

経理のプロが担当してくれる

経理のプロが担当すると、経理作業のスピードと正確さの両立が可能。信頼できる試算表を早く確認できるため経営判断の早期化につながります。経理をアウトソースする場合は、実務はどのようなスキルを持った人が対応するのかアウトソース会社に質問してみてください。経理経験者、簿記2級保有者、税理士事務所に勤務経験があり税金について詳しい人、会社独自の経理テストをクリアした人、など様々な答えが返ってくるでしょう。

スピーディーかつ丁寧な対応かどうか

経理をアウトソースするとリモートであなたの会社の経理チームとやりとりをするため、スピーディーで丁寧な対応をしてくれる会社だと安心です。日々の経理業務を滞りなくまわすためにある程度のスピードとコミュニケーションが必要なのは、ないせいかしている経理であってもリモートの経理でも変わりありません。リモートだからといって機械的なコミュニケーションではなく、クライアントの状況に合わせたコミュニケーションを心がけてくれる会社かどうか見極めてください。

まとめ

経理をアウトソースすることは会社の生産性をあげてくれるはず。とはいえ、アウトソースするには疑問点や心配な点がたくさん出てくるものです。
「自社で経理をアウトソースしたらどうなるんだろう?」と少し話を聞いてみたい場合は、一度経理アウトソース会社に相談してみてくださいね。

スマート経理(株式会社M&Tコンサルティング)
https://smart-keiri.com/
Twitter
https://twitter.com/smartkeiri
Facebook
https://www.facebook.com/mandt.consulting/

▼この記事を書いた人

株式会社M&Tコンサルティング 中川佑香(ナカガワユカ)

会社の経理をまるごとアウトソースできるスマート経理の経理コンサルタント。2016年入社以降、関西の中小企業の経理プロセスの改善に携わる。前職では生活消費財の営業や販売促進企画を8年間担当。

WRITER
うちだまみ
うちだ まみ
広報のうちだです。 趣味はサッカー観戦とお酒とゴルフ。