対策している企業88% に対し 満足していない6割 都内バックオフィス勤務にきいた「新型コロナウイルスに対する企業対策アンケート」

/ 2月 21, 2020/ CB ニュース, オフィス環境, 環境・労務

 CBplusでは、2020年2月4日~2020年2月14日の期間にわたり、都内バックオフィス(人事、総務、広報、労務、経理、経営者、その他内勤)勤務の方を中心に「新型コロナウイルスに対する企業対策アンケート」を実施しました。

 ご回答いただいた皆様、ご協力誠にありがとうございます。

 この調査は、バックオフィス担当者向けに、今後のウイルス対策における対応の参考にしていただく目的で実施しました。

88%の対策率にたいし、満足していないかたが半数を超える。

 調査結果は、 社内呼びかけ、消臭スプレーの設置、マスク配布に続き、在宅勤務を推奨する会社が約3割と回答する結果になりました。 また、88%の企業が何らかの対策を実施しているのに対し、自社の対策に満足していないと回答した方は半数を超える結果となりました。

対策に対しての意識高いが、提案にハードル

ウイルス対策に対して、自分自身が取り組み・対策を考える立場だという回答が約半数ありましたが、実際に、提案に至った方は2割を下回る結果となりました。

 また新型コロナウイルスに関しては、その感染範囲、感染率を含め、不明瞭な点が多いため、対策における正解はありません。今後もCBplusでは、新型コロナウイルスに関する情報収集をする中で、企業にとって最善なのか、バックオフィスでは何が出来るかを、皆様と一緒に考え模索していきたいと思います。

提案したと回答した方のコメント

マスクの配布、中国人メンバーの実家(武漢)へマスクを贈る、そのためにメンバーはマスクを見つけたら経費で購入OKにしました。(経営者)

 2月にオフラインで行うイベントをすべて中止、延期にしました。その分、2月はオンラインでのイベントに切り替え、3月にイベントをずらしました。6都市で100名ずつ呼ぶ予定でしたので、今回は早めの対応をさせていただいたという次第です。 5日に会社から正式に文書として出す予定です。(人事担当/課長職)

 次亜塩素水を用いた施設内の消毒、メイン受付にて消毒の徹底、マスク着用の呼びかけ、マスク配布などを提案しました。(広報担当/役職なし)

 手洗い、うがい、アルコール消毒。人の多い場所への外出は避けること。会社ではアルコール除菌スプレーの設置の提案は採用されましたが、経営陣からは今まで一切対策の話はありませんでした。(営業事務/役職なし)

回答者属性

調査概要

調査設計・分析:バックオフィス向け情報発信メディアCBplus
調査名   :「新型コロナウイルス」に対する、企業の取り組みアンケート byCBplus
調査手法:WEBアンケート
調査対象:バックオフィス、内勤職種
調査実施時期:2020年2月4日~2月14日
有効回収数:61サンプル
主な調査項目:新型肺炎に伴う、企業のウイルス対策について