テレワーク時の安全確保のカギはコミュニケーション

/ 4月 14, 2020/ CB ニュース

サイバーセキュリティのプロフェッショナルたちによって、組織の保護機能は日々大きな進歩を遂げています。しかし、世界中のあらゆるテクノロジーをもってしても、ユーザーと資産を完全に保護することはできません。

そのためには、個々のユーザーが注意を払い、常に警戒することも必要なのです。このことは現在のコロナウイルス(COVID-19)による危機的状況においても、まったく同じです。

これほど多くの企業が、テレワークへの迅速な移行を迫られるなか、注意・警戒・通知は、私たち皆のスローガンとしなければなりません。(2020.04.13 ScanNetSecurityより)