人材紹介エージェントフル活用術実例

中途採用

最近、企業の採用担当者からこんな声をよく聞きます。

・紹介会社からなかなか応募が上がってこない
・応募は多いんですけど、ニーズにマッチしない紹介が多くて困っている
・毎日面接しているんですが、なかなか内定まで至らないし、内定を出しても辞退される

上記のような悩みは多くの採用担当者が抱えているようです。では、こうした悩みを解決するためには、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、実際にエージェントを活用し、年間100名以上採用した経験を元に実用的な事例をご紹介したいと思います。

人材紹介(エージェント)とは?

人材紹介(エージェント)は採用したい企業と働きたい転職希望者の仲介を行うサービスです。

急な欠員が出てすぐに採用しなければいけないときや、即戦力人材・専門職人材をピンポイントで採用したいときに、初期費用やランニングコストをかけず、完全成功報酬で採用ができるところが特徴です。

スキル・経験等のマッチングを人材紹介会社がやってくれるため、効率よく面接・採用ができるところにメリットがあります。

また、ハイレイヤー層、エンジニア、女性特化、バックオフィス等、得意な専門分野を持ったエージェントも数多くあるため、自社の採用ニーズに合った人材紹介を選ぶことで、よりニーズに合った紹介を受けることが可能です。

一人採用決定するにあたり候補者の理論年収の30〜35%が成果報酬として設定されていることが多いようです。

人材紹介(エージェント)からの紹介を増やしたいときにすること

人材紹介を利用しているのになかなか紹介会社から応募が集まらない、、、そんな声もよく聞きます。

人材紹介会社からより多くの応募を集めるためにできることをまとめてみました。

定期ミーティングの開催

採用のニーズや状況は刻々と変わるものです。人材紹介の担当者さんと、定期的にミーティングを持つことをおすすめします。

その際に一ヶ月の紹介状況の振り返りをすることで、自社の採用活動改善に活かすことができます。

また、エージェントの担当者さんは一般的に業界ごとに担当を持っていることが多いため、他社の採用活動状況や、業界全体の動向など情報収集にも活用ができます。

人材紹介の担当者の方は、多いと30〜50社ほど同時に企業担当をしています。

定期的にミーティングを開催することで、人材紹介の担当者さんにも「この会社は積極的に採用を行なっているんだな」と印象づけ、優先的に紹介してもらえる可能性も高まるかもしれません。

また、注力職種がある場合は、人事担当だけではなく、その採用ポジションの採用オーナー(事業部や職種の責任者)にも同席をしてもらうことで、採用ニーズをより具体的に伝えることができるのでおすすめです。

人材紹介(エージェント)向け企業説明会の開催

採用数にボリュームがある場合や、採用ポジションを新たにオープンする際は、エージェントの担当者の方向けに自社で企業説明会を開催する、という手もあります。

エージェントの担当者の方に会社の雰囲気を直で感じてもらったり、役職者や役員からの説明をまとめて直接聞いてもらえるというメリットがあります。

また、逆にこちらからエージェント側へ訪問し、企業説明をすることも効果的です。こちらから訪問することで普段会えないキャリアカウンセラーの方に直接会社やポジションの説明をすることが可能なため、より密度の濃い、情報共有が可能です。

辞退率を下げるためにできること

せっかく紹介してもらった候補者の方が、途中で辞退してしまわないために、工夫していることはありますか?

実際に効果のあった事例をいくつかご紹介します。

社員インタビュー記事を活用する

候補者の面接前に、自社の社員インタビューを共有する施策です。

自分と同じ職種の中途入社のスタッフが、入社後どんな風に活躍しているかを読んでもらうことで、具体的に自分が入社したときのイメージを膨らませてもらいます。

このちょっとした一手間で入社意向がアップし、辞退率を下げることに繋がります。

オファー面談をする

オファーレターを出した後、オファー面談をするのも効果的です。

その際、事業責任者だけではなく、実際に一緒に働くメンバーとランチを設定するなどカジュアルに行うのも良いでしょう。

事前に質問したいことなどをヒアリングし、候補者の疑問や不安が解消される時間にすることで、内定承諾率がアップします。

まとめ

人材紹介(エージェント)をフル活用するためには、紹介を待っているだけではなく、こちらから積極的に情報発信・アプローチをすることでより効果を得られることができます。

上記に挙げたポイントをぜひご参考にしていただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました